ブックライブ

ウルトラマンをみて近未来の世界を夢見ていた子供の頃を思い出してみましょう。
軽装のまま飛行機で宇宙空間まで飛べる時代設定。
通信の手段は腕時計型のテレビ電話、計器類は針の付いたメーター、コンピューターの出力は紙テープに穴の開いたものを解読。

子供の時にあこがれていた近未来には携帯電話もデジタル表示もディスプレイ画面もありませんね。
めまぐるしいIT技術の進歩の中で、モニター画面を見ながらキーボードで文字を打ち込む時代があって、そしてキーボードが消えてしまう時代に突入し始めました。
本当に子供の時には想像もできなかった未来の姿です。
そして、本が紙でなくなり、店頭や図書館で手に取らなくても読むことのできる時代がきたようです。

「ブックライブ」は2011年に登場した電子書籍の販売サイト。現在、漫画・書籍・写真集や雑誌など幅広いジャンルで約2万5000タイトル、約4万冊を配信中です。
これからどんどん配信数が増えそうなので、とても期待をしています。
「ブックライブ」のような電子書籍のとってもいいところの一つ目は、書店や図書館まで足を運ばなくても書籍が手に入るということ。
しかし、運動不足になりそうなので、そこには注意してください。
そして、品切れがないことがふたつ目ですね、品切れがないから、人気作品を待つことなく読むことができること。

従来通りのほんの形をしていないとちょっと、という抵抗のある方も多いと思います。
まずは食わず嫌いにはならずに一度、「ブックライブ」で電子書籍を試しに読んでみましょう。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月18日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Vライン脱毛」です。

次のブログ記事は「アコムの審査結果の電話がきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。